「超」整理手帳2014

来年の手帳を調達する季節になった。今年もやはり、「超」整理手帳をネット注文した。この「超」整理手帳、断続的に使っているが、今の私の考えでは、使い勝手においてこれを超える手帳はない。

「超」整理手帳×SHOT NOTE2014 使い方が広がる「超」活用ガイドブック付き

大きいシステム手帳も、あらゆる情報をしっかり管理するならばよいのだが、私にとってはサイズが問題。本格的なシステム手帳を毎日鞄に入れて携帯するのは、何か無駄なものを持ち歩いている感が伴う。小さいサイズの伝統的な手帳は、小さすぎて、単なるスケジュール管理だけにとどまるし、年ごとにアドレス帳などを更新するのが容易ではない。

その点、この「超」整理手帳は絶妙なバランスだ。横幅はワイシャツやスーツの内ポケットに入るサイズ。実際にポケットに入れる機会はないのだが、このサイズは手で持つのにちょうど良い。

縦方向にはやや長いが、私にとっては、それが問題になることは、一切ない。むしろ、私がこの手帳の最大の長所だと思っているのが、この縦方向のサイズ。A4サイズの紙を折りたたんでサクッと収納できる。必要十分な情報を簡単に携帯できる。

この手帳、職場でも自宅でも常に自分の机の上に置いて開いている。この手帳の特徴として真っ先に挙げられる「長期的なスケジュールを鳥瞰できる蛇腹シート」は、実はあまり活用できてない(あまり大きく広げて眺めない)のだが、それを無視しても、これは自分にとってベストフィットする手帳である。あまり丁寧に扱わないので、しっかりした革カバーは持っていない。今年もスケジュールシートのみを注文した。

「超」整理手帳 スケジュール・シート スタンダード2014

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です