年始から、いきなり懐古

年始だから今年の計画などを宣言したりするかなぁ、とか思いつつ、懐古趣味な読書。「『FMステーション』とエアチェックの80年代 僕らの音楽青春記」(恩藏茂)。

今はジャズギター中心のサル君だが、趣味として音楽にアクセスし始めたのはFMステーションを読み始めた頃だったと思う。それまではフツーにテレビで歌謡曲を聴いたりするだけだったが、中学で同級生Gにこの雑誌を紹介されて買い始めたのだった。

“年始から、いきなり懐古” の続きを読む

2021年を振り返る

一年間の音楽活動を振り返ってみる。今年は、年明けから8ヶ月間、東京に滞在したというのが自分にとっては大きな環境変化であった。もともと、東京での仕事は2019年から2020年にかけてやりかけていたのだが、新型コロナの影響で中断し、2020年春に東京生活を切り上げ。その仕事が再開となり2021年に再び東京に住むことになった次第。

“2021年を振り返る” の続きを読む

マルセロ木村ライヴ@CHOVE CHUVA

マルセロ木村(vo,g)ソロライヴ@CHOVE CHUVA。CHOVE CHUVAの存在は以前から気になってはいたが、お邪魔するのは初めて。

少し早めに店に到着し、前方の席に陣取る。既にファンと思しき人々が多く集まっていたし、開演時にはほぼ満席で、さすがと感じてしまう。関西でこれほどのクオリティのブラジル音楽を聴くチャンスはなかなかないからねぇ。

“マルセロ木村ライヴ@CHOVE CHUVA” の続きを読む

Kobe Heaven’s “Sake” Jazz Band

新型コロナが少し落ち着き、諸々の活動が徐々に再開してきたタイミングで、凄いメンバによるジャズライヴ。会場は神戸酒心館ホール。パイセンの車に乗せていただき、聴きに行った。

上記ホールのウェブサイトにある通り、酒心館は酒蔵で、「酒心館ホール」は敷地内の酒蔵を利用した多目的ホール。駐車場から酒心館に入り、ホールに直行せずに蔵元ショップ「東明蔵」に足を踏み入れたら、これが酒飲みにはパラダイスすぎて困ってしまった。日本酒と、それにピッタリ合う日本全国のつまみが色々と販売されており、この場で買って飲み始めたい気分になる。

“Kobe Heaven’s “Sake” Jazz Band” の続きを読む

今年もブラジル音楽の波

時々やって来る、個人的なブラジル音楽の波。要するに、時々無性にブラジル音楽を聴きたくなってしまう時期が訪れるというだけの話なのだが。昨年は春頃に新型コロナの影響で家で過ごす時間が増えて、何となくYoutubeを見ているうちに気づいたらブラジル音楽に浸っていた。今年は、夏頃から2、3ヶ月、ひたすらブラジル音楽を聴きまくるのと併せて、ガットギターを集中的に弾いている。

“今年もブラジル音楽の波” の続きを読む