やはりWatermelon Manはイイ

先日の会社イベントで即席カルテットで演奏したWatermelon Man、言わずと知れた名曲だが、いやホンマに好きなんですわ。いつ聴いても、テンションが上がる。

ジャズギターでアドリブをやり始めた頃に練習した曲で、当時はこのFreddie HubbardやDexter Gordonのソロをコピーしたな。彼らのソロはシンプルなんだが、弾いてみると、ものすごく興奮する。

人間の原始的な本能を刺激するリズムやメロディと、洗練されたセンスの見事なバランス。Stravinskyの「春の祭典」に共通するものを感じる。やってることはおそらくすごいんだけど、単純に楽しい、という音楽の不思議。

曲の構造が単純だけに、しっかり「聴かせる」演奏は、難しいのよね。

どうでもいい話だが、このアルバムのジャケットのHerbie Hancockは何か生真面目な青年って感じだが、2004年にピアノトリオのライヴを聴きに行ったら、MCがかなりチャラいオッサンだった(演奏は限りなく澄んだ海か空を感じさせる美しさだった、念のため)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です