ジャムセッション@Vincent

京都西陣Vincentでのセッション。金曜日に仕事を抜けられないことが多く、半年ぶりくらいの参加となってしまった。

今回は、アンプZT Lunchboxを持参して、鳴らしてみることにした(前回、時間の都合で叶わなかったので)。開始前にセッティング完了。というか、設置して電源確保しただけ。ホストの今井藤生さんやベーシストの方とアンプについてちょっとだけ会話。

ZT Amp コンボアンプ LUNCHBOX ランチボックス

今回は、Just Friendsをピアノ+ベースと、それからAlone Togetherをピアノ+ベース+ドラムで演奏させてもらった。Just Friendsでは、音量を上げてくれとピアノの今井氏から言われたが、これがMaxなんですよ。。。小さな巨人Lunch Box、どうなんやろか。演奏している本人は、まぁまぁな音量で他の楽器とのバランスも悪くないと思ったが、どんな感じか。あ、もっと他のお客さんに感想聞いておくべきやった。

ドラムが来るまでの間、ベーシストさんが「ギターがリズム刻んでくれたらええのに」と言ってくださったが、遠慮。とりあえず飛び込んでおくべきだったな。

常連のハーモニカSKさんが酒バラに誘ってくださったが、それもしばらくノータッチだった曲なので遠慮。これも飛び込んでおくべきだったと後悔。

今井氏の生徒さんのフルートが2名、ヴォーカル+ピアノが1名、アルトサックスが常連YOさんのほかにもう1名。他の方も生徒さんかな。ヴォーカルも常連の方が数名。なんか、どんどん参加者が増えてくる。

アルトサックスYさんとは「何かやりましょか」「ほな、枯葉で」となり、次に声がかかるまで待機。

前回(=半年ほど前)参加されていた謎の女性アルトサックスの人が、今回も同じくらいのタイミングで参加。なんか、おもろい感じの方だが、サックスは上手い。私と同じテーブルに席を取り、「Fly Me to the Moonやりまひょか」みたいな会話になったので、一緒に演奏することに。

だいぶ遅い時間となり、ホスト今井氏が「じゃあ最後に皆で枯葉を」との号令で、皆で出て行って枯葉。ピアノのコンピングとのバランスが、難しい。音量や音数、研究しなければ。これで終了しかけたが、先述のアルトサックスの女性が「センセー、Fly Meやりたいねん」とのことで、約束通りFly Me to the Moon。これも入れ替わり立ち替わりで楽しく演奏。

今回は、自分の演奏の振り返りのため、2曲だけ録音した。聴いてみたら、まぁ昔よりはマシになってきたかなという印象。しかしまだまだである、ホンマ。あとは、次回以降も継続参加できるよう努力しよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です