ジャムセッション@Vincent

11月25日、ヴィンセントのジャムセッションに参加。ホストは今井藤生さん(pf)。先日入手したアンプZT Amp LUNCHBOX ランチボックスを店で鳴らしてみたかったので、早めに行ってセッティングしようとしたが、結局、遅れて到着してしまった。ほぼいつもと同じ顔ぶれのメンバーが既にスタンバイされていて、間もなく一曲目You and the night and the musicがスタート。その間、ギターを取り出して準備。ステージから遠いテーブルについていたが、ヴォーカルの女性の皆さんが「どうぞ前へ」と言ってくださるので、いつもと同じ前方のテーブルに移動。

数曲演奏された後、順番がきたので、ベース、ドラム、ハーモニカ、もう一人のギター、の皆さんと酒バラをやらせていただいた。イントロはギターTさんにお願いしてしまった。なんとかソロなどできたかなという感じ。続けてアルトサックスOさんがBlue Bossaやろうということで、そのまま参加。何度も弾いた曲なのに、なんか意図しない変な音を出してしまった。これは明らかに「間違った音」と聞こえたであろう。その後は、ヴォーカルなど数曲が続いた後にSoftly, as in a Morning Sunriseを演奏。エンディングでもたついてしまった。

何人かが帰った後、再び順番が来て、イマイチ自信がないがStella by Starlightを演奏。なぜかこれか本日初のホストとのセッション(笑)。希望のテンポでイントロ出してと言われたが、イントロ無理です(涙)。今井さんにイントロ出していただき、スタート。念のため青本を譜面台に置いていたため、落ち着いて演奏できた気がする。今井さんのソロは3コーラス。3コーラス目はかなり熱く盛り上がり、コンピングも気分良く弾いた。しかし、やはりエンディングで意図しない音を出してしまい、無理矢理クローズした。
結局、参加者は、ヴォーカル6、ベース1、ドラム1、アルトサックス1、ギター2、かな。

さて、今回気づいた課題: イントロとエンディング。8分音符でダラダラとソロを続けないこと。ボリュームをもっと上げた方がよい(今井さんからのアドバイス)。とりあえず以上。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です