セッション@下北沢Apollo

下北沢のApolloのジャムセッションに参加。セッションリーダーは清水くるみ(pf)、三嶋大輝(ba)、力武誠(ds)。この店は二度目、とてもアットホームだけど参加者のレベルが高くてスバラシイのよね。なので、緊張度50%くらいで行ってみた。

開始の少し前に到着したら、以前ご一緒したアルトサックスさんがおられて、挨拶。そうしているうちに参加者が続々登場。アルトサックス1、ピアノ2、ドラム1、ギター2、だったかな。さて、セッションが開始し、早めの到着だったから、トップバッターで指名された。アルトサックスさんのリクエストでBill EvansのWe Will Meet Again。この曲は初めてなのだが、ピアノの清水さんが私の雰囲気に合うと思うよって言ってくださる。なんか、嬉しいな。アルトサックスがわりとアグレッシブなソロを繰り広げた後に引き渡されたのだが、まぁ自分なりのソロをやってみた。ええ曲やなー、ちゃんと練習しておこう。

ドラムレスでフロントをやらせてもらってAlone Togetherを弾いたが、いきなりテンポ遅めでスタートしてしまった。当然、そのテンポでノロノロと歩いてゆくしかなくて、ダラーっとした演奏になってしまった。えらく長くて、聴いている皆さんに申し訳ないなーと思ったが、どうしようもなく。ホンマすみません。

某有名ピアニストが来られていて、最後にIt Could Happen to Youをご一緒させていただいた。ピアノのコンピングの音数は少なめ。めっちゃ勉強になったし、とても丁寧な方で、驚いた。ただし自分のソロは最悪で、心の余裕がなく、必死で3コーラスを駆け抜けた感じになってしまった。いつもできることが、できない。完全にメンタルの問題。でもメンタル=技術だわな。よくよく考えてみると、ソロの時は譜面(というかコード進行)を見ずに弾いたのが原因だったように思う。いつまでも譜面がないとちゃんと弾けないのは何とかしなくては。

そして、今日も言われた。「ひょっとしてJim Hallが好きですか?」いやほんとありがたいんだけど、やっぱり大好きなプレイヤーの影響が出てるのか。とにかく、Jim Hall大先生、申し訳ありません。まぁ反省点やら課題感やらを感じてしまうセッションだった。いつも通りか!?とにかくまた修行するしかないな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です