ライヴ&セッション@さうりる

ライヴ&セッションのイベントに出演させていただいた。2018年5月27日、京都のさうりるにて。京都の「さうりる」と寝屋川の「micci倶楽部」の初のコラボレーションイベント。前半は3バンドによる対バンライヴ、後半はセッションという構成で、私は前半は高寺和美クインテットで参加させていただいた。

開演前には、既に顔見知りの音楽仲間も。このイベント、演奏者の顔が広いこととセッションがあることで、予約段階で早々に満席になっていたのだ。ありがとうございます。

さうりるさんで演奏させていただくのは初めてなのだが、店内がとても綺麗だし、機材もきっちり整っていて、めっちゃ演奏しやすい。演奏者にとっても、お客さんにとっても、とても快適な場所。こういうのはマスターご夫妻の性格が如実にあらわれている。お客さんと、音楽と、音楽を愛する人への愛にあふれる、極楽のようなスポットだ。

高寺和美クインテットのセットリストはこんな感じ。

Unit 7
Song for My Father
Moose The Mooche
My Ideal
Antigua

録音を聴くと、最後のAntiguaで走り癖が出てしまっているものの、全体的に、最近の自分のズタズタな演奏の中では、かなりマシな方だ。いつものEl Capistanを使ったのだが、うーん、どやろ、ややエコー効きすぎなのかな、でも控えめにしすぎると意味がないし、調節が難しいところ。っていうことを考えつつ、実は考える余裕もなく、演奏した次第。

その後に続いたセッションも、楽しかった。micciママによる仕切りで、2時間ほどぶっ続けセッション。いや、3時間くらいやったかも。もっとやったかもしれん。ギタリストはもう一人来られていたので(意気投合)、交代で弾かせてもらった。

There Is No Greater Love
Tea for Two
Devil May Care
Girl from Ipanema
Just Friends
All of Me

他にも弾いたと思うけど、忘れた(セッションあるある)。Devil May Careは先日ライヴで聴いて、そのうち自分でも弾きたいなと思っていたら、すぐにその機会が来てしまった形。ヴォーカリストさんと一緒に演った。また弾けるように、練習しとこー。

京阪神のプレイヤーが集まっての素晴らしいイベント、また開催してほしいな。それまで練習、練習。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です