小島のり子トリオ@ラグタイム

2011/09/28(水)、小島のり子(fl)トリオ(田口悌治gt、澁谷盛良ba)のライブ@ラグタイム心斎橋。小島のり子リーダーCDの発売記念ツアーの最終日であった。

田口師匠含め、トリオの皆さんとお会いするのはなんと一年ぶり。前回からそんなにたったのか。しかし、皆さんに覚えていただいてたようで、嬉しい。澁谷さんは、私が京都在住であることまで、覚えていてくださった。すごい。ま、前回はセッションでメチャクチャだったからなぁ、それで印象が残っていたのだろう!

さてライブは、小島さんオリジナルやスタンダード、民謡などを織り交ぜたプログラム。トリオなので、各メンバーの音がしっかり聴けて、面白い。なんやかんやで、あっという間に2ステージが終了。

ステージの合間には、田口師匠と久しぶりにいろいろ会話することができた。

2ステージ終了後、休憩をはさんでセッションタイム。フルートとピアノのプレーヤーとトリオメンバーで、Another You。皆さん、うますぎるやないか!エキサキティングなフルート、安定感がありお洒落なピアノ。次に、私もOn Green Dolphin Streetを演奏させていただいた。トリオメンバーと、ピアノ高橋さんと演奏開始。楽器は、田口師匠のギブソン175をお借りした。演奏しようとしたら、ん、ボリュームつまみはどっちだ!?ま、これは音を出してみたらわかった。実はギブソン175を弾くのは初めてなのだが、名器であることに加え、さすがにプロの楽器できっちりメンテナンスされ、かつアンプやら何やらを全てセッティングされていたということもあり、ものすごく弾きやすい!音色なども、もう完璧にジャズギターだ(当たり前か)。余計な気を遣わずに、気持ちよく弾けば気持ちよく鳴るという感じ。いいセッティングで練習すると、上達するんじゃないかという考えにも至った。

さて肝心の演奏。最近、セッションで弾いたことがあった曲だから、なんとかなるかな、と思って弾いたのだが、いつも以上に緊張し、なんかメチャクチャだった。普段弾けるはずのフレーズも、なぜかもたついて弾けない。なんじゃこりゃ。反省。しかも26~28小節のコードを間違えてた!アホか俺!やはり本番では普段の演奏の何分の一くらいしかできないと、あらためて実感。

また練習じゃ!一緒に演奏させていただいた皆様ありがとうございました。

トリオのメンバーと、ピアノ高橋さんにご挨拶し、会場を後にした。終電。Kojinori20110928

あ、画像でフルートが切れちゃってる!すみません !

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です