山口友生「これでいいのだ!」

Korede 山口友生(g)2011年発表のCD”これでいいのだ! LIVE at P’s Bar“。P’s Barで行ったライブのうち、厳選した内容を2枚組CDにしたもの。先日P’s Barでのライブで購入し、サインもいただいた。

山口氏は、クラシックギターとウクレレを演奏。フルアコやセミアコが主流のジャズギター分野において、クラシックギターとかウクレレは珍しい(ボサノヴァ除く)。また、共演もハーモニカが含まれており、ユニークな編成となっている。曲目は、2枚組のうち、1枚目はオリジナルなど、2枚目はスタンダード中心。

さて、この山口氏の演奏、とにかくすごい。2枚ぶっ通しで、もうホンマにすばらしいグルーヴを感じさせる。これって、何なんだろう・・・クラシックギターという楽器が生み出す、ユニークな感覚のグルーヴだ。もし同じフレーズをフルアコで弾いたら、ちょっとマッチしなかったり、あるいはアーティキュレーションを変えないと不自然なのかもしれない。それくらい、クラシックギター「ならでは」のプレイスタイルだと感じる(演奏者にそんな意識があるのか不明。むしろ、この楽器を手にしたら自然に出てくる歌い回しだということかもしれない)。

同様にジャズではあまり聴く機会がないハーモニカだが、このライブ盤で演奏しているマツモニカというプレーヤも、たまらなく素晴らしい。ハーモニカの音色で安易にブルースな雰囲気を感じるだけでなく、強いメッセージ性も感じる。

アルバムタイトルは「これでいいのだ!」だが、これでいいどころか、こんなすごいの聴かせてもらって、いいんですかとこっちが問いたいくらいだ。とにかく、2枚とも、たたみかけるようなパルスを感じる演奏。ヘビーローテーションで聴きまくっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です