日本のサンバ。風になりたい

先日の近田ゆうき&須藤信一郎ライヴのMCで、近田氏がサンバの曲として紹介されていたTHE BOOMの「風になりたい」。これまでこの曲を特段に意識したことなかったのであらためて聴いてみたのだが、いやホンマ、サンバや。

オリジナルは1994年のアルバム「極東サンバ」に収録、そしてリアレンジされた「風になりたい(Samba. Novo)」はシングルとして2003年リリース。なんでSamba NovaでなくてSamba. Novoなんやろ。日本のサンバを作りたいという思いで作られたこの曲、よく研究されて書かれている感じがするし、演奏も素晴らしい。いろんなところに本格的なサンバがあるもんだ。

それにしても、この「極東サンバ」って、実にお洒落なアルバムなのね。ブラジル音楽のエッセンスを取り込む一方、1990年代の空気も感じさせる。7曲目のPoetaではToninho Hortaと矢野顕子が参加していて豪華だし、なんかすごいな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です