月・森・桜 with 田口悌治 ツアー

ライヴ告知。といっても、自分のライヴではない。九州をベースに活動する “月・森・桜 with 田口悌治” のレコ発ツアー。私が九州で師事した田口先生、久々に関西登場。

関西では三田と京都でライヴ開催予定。京都は2018年10月14日(日)19:00~、さうりるにて。

上に「レコ発ツアー」と書いたけど、実はダブルレコ発ツアー。ダブルというのは、月・森・桜のアルバムと、田口先生のアルバム”P’s Dream” の2枚。私はこのカルテット編成での演奏を聴くのは初めてだから、めっちゃ楽しみである。

月・森・桜というのは、月岡翔生子(pf)、森しのぶ(ba)、桜井ゆみ(vo)のトリオ。編成としては、変則的というほどでもないと思うが、あまり一般的ではない感じもする。

桜井さんのヴォーカルは、何度かライヴで聴いているので、CDを聴くと妙に落ち着いた気分になってしまう。安定感抜群。他の二人の演奏は、実はこのCDで初めて聴いたのだが、やはりトリオという編成だから、それぞれの存在感が明瞭。敢えて注意深く聞かなくても、それぞれのパートが綺麗に主張する。こういうCDは好きだな。

そして、田口先生のアルバム”P’s Dream”。このアルバムは、面白い構成になっている。田口先生が3つの楽器とデュオを聴かせるのだが、相手に合わせて自身も3本のギターを持ち替えるというもの。3つの楽器というのは、ベース(丹羽肇)、ギター(天野丘)、ヴァイオリン(maiko)。使用ギターはGibson ES175(1953)(アンプ:Mark-DV)、Archtop Tribute ATSPD(アンプ:Marshall JCM2000)、Jose Ramirez。

タイトルチューン “P’s Dream” がスピード感抜群のオープンを飾り、その後もオリジナルやスタンダードを聴かせる。それぞれの曲にマッチしたデュオで、デュオであることを忘れさせるような広がりを感じるようなサウンド。やはり、師匠は最高だ。10月のライヴが待ち遠しい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です