菅野義孝ジャズギターワークショップ

本日、ジャズギタリスト菅野義孝氏によるワークショップが京都で開催されたので、参加してきた。Jazz Guitar Bookに連載の「目からウロコ」講座のワークショップ版といった内容で、今回のテーマは「アドリブ」「リズム」であった。

アドリブについては、II-V-Iにおけるトニック(I)のアドリブ術などをレクチャ。また、リズムについては、ジャズにおいて最重要のテーマであることを強調しつつ、どのように練習してゆけばよいかの解説をされた。その他、演奏中の気持ちの持ち方など、ジャズを演奏する上での基本的かつ重要なことを解説され、非常に勉強になった。

受講者は9名。受講する側にとってはちょうどよいくらいのサイズ。すぐに受講者全員の名前を憶えられた菅野氏から受講者に問いかけながら和気あいあいと進められた、充実したワークショップであった。

後半は、ソロギターライブとして、スタンダード曲をハーモナイズしてソロ演奏された。ギター一本での完全なソロは聴かせるのが難しいが、聴衆(受講生)を飽きさせずに1時間以上も演奏されたのは流石であった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です