5月セッション@SAHARA

枚方市のSAHARAでセッション。京阪神の常連メンバの定例セッションとしては令和初回。到着したら、いつも通り常連メンバはきっちり集合している。ハイボールを飲んで雑談をしているうちに、そろそろ準備しようかって感じになり、セッティング。毎回、セッティングをいい加減にやって公開するから、今回は少しきっちりめに調整。Jazz Chorusはいろんな場所で使わせてもらうし、きわめて使いやすいアンプであることは間違いないんだけど、いまだにどういうセッティングがベストか探りつついじっている。

いつも通り、記憶の範囲で、演った曲を記録しておく。まさかSeven Steps to Heavenやるとは想像すらしていなかったぞ。

All The Things You Are
Alone Together
Autumn Leaves
Blue Bossa
Body and Soul
I’ll Remember April
If I Should Lose You
It Could Happen to You
On Green Dolphin Street
Seven Steps to Heaven

ギタリストが少なかったので、わりと多めに弾かせていただいた。まーしかし凄腕メンバに囲まれて演奏するから、刺激的。トランペットのマスターとも演奏させていただいたが、やはり尋常ではないサウンドがグイグイくるから、ものすごくインスパイアされる。ギターが上手くなった錯覚を抱いてしまうけど、実際、いいサウンドが鳴っているんだと思う。これを繰り返しているうちに、ヘタなギターも冗談抜きで巧くなるんじゃないか。いやホンマにこのお店のセッションは勉強になるわ。

そして、この日、新メニュー「麻婆豆腐」が登場。早速注文したのだが、これが美味いの!豆腐の柔らかさ、辛さ、トータルでジューシーな充実感。これを食べたら、酒も進むし、ますますギターを弾きたくなるっちゅーもんだ。

終電に乗るため、店を後にして駅に向かってぶらぶら歩いていたら、今からSAHARA行くよっていう仲間にも遭遇。このSAHARAさん、どんどん地域のジャズ文化の中心地っていうか重力の中心になっている。街も、店も、そこに集まる人も、元気になる。最高ですなー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です