imかipか

クラシックギターでスケールというかスケール的なフレーズを弾くときに、右手の運指はやはりim(人差指、中指)とするのが一般的なんだろうか。私はip(人差指、親指)でフィゲタみたいに弾くことが多いのだが、これはimが苦手だというのが主な理由。オルタネイトピッキングの感覚に合わせて、オモテでp、ウラでiってやると、ちょうど良い感じだったりもする。

いわゆるクラシックギタリスト以外はどうなんやろ?と思いYoutubeを徘徊していたら、Romero Lubamboがものすごいテンポでimimim…とスケールを弾いていて、開いた口がふさがらなかった。

imimim…といえば、BrittenのNocturnalを弾いた時、このimimim…でトレモロを弾く変奏があり、これはなかなか辛かった。無理やり弾いた。というか、弾けなかった。

David Russellなんかもケースによってはipで弾くことを推奨していた気がするし、運指に絶対的な正解は存在しない、というのが正解なんやろけど、運指の自由度は高いに越したことはないから、imも練習すべきですわな。というかずっとimの練習してるけど、上達しないんですが。imのみならずa(薬指)も加わったらますます下手くそな私、まぁボチボチ練習するか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です