J-Flowで東京セッションデビュー果たすも

出張の機会を利用して、東京のジャムセッションにデビューしてみた。2018/02/16、錦糸町のJ-Flow。仕事を終えた後、ギターを担いで店へ。途中から行くのは緊張すると思ったので早めに行って、一番乗り。かえって緊張してしまった。

ワインを注文して、落ち着く(ふりをする)。フリューゲルホルンの男性が来られて、フレンドリーに話しかけてこられたので、ぺちゃくちゃと話す。ホスト3人による1曲演奏後、セッションスタート。

ホストは、石橋采佳さん(tb)、清水くるみさん(pf)、小林航太朗さん(ba)。朗々と歌うトロンボーン、自由で豪快なピアノ、明瞭で存在感バツグンのベース。何とパワフルなトリオ。

会場一番乗りだったので、真っ先に呼ばれる。All The Things You Areをお願いして、まずは何とか弾いた。席に戻ってピアノの若い男性と話す。大学生の頃にジャズ研でピアノを弾いていたらしい。すごいわ。Keith Jarrettのソロライブの話などをしたり。

次に名前を呼ばれたらサックスSさんがI’ve Never Been in Love Beforeをやろうと。聴いたことも、弾いたこともないんですが・・・「じゃ、何か知ってる曲にします?」とも言われたが、「いや、譜面があれば大丈夫です」と言って黒本2を借りて演奏。緊張でほとんどおぼえていないが、これも何とか弾いたと思う。

途中ではトロンボーン8本というすごいシーンも目撃してしまった。ホストがトロンボーン石橋采佳さんだから、トロンボーンの人が多く集まっているのだろう。

皆さん、酒バラとかユビソとかソフトリーとか演奏するので、よっしゃ俺も何とかなるだろうと思っていたら、自分が次に呼ばれたら、先ほどと同じくサックスSさんがMy Shining Hourを選曲。これも、聴いたことも弾いたこともない曲。やはり黒本2を借りて見ながら弾き始めたら、は、速い!速すぎる!完全にテンポに乗り切れずにいる。ソロは「パスします」って言おうかと思ったが、とりあえず弾いてみる。弾けたのかどうか、まぁおそらく弾けてはいないんだろうが、記憶がぶっ飛んでるので今となっては詳細不明。忘れるっていうのはいいことだ。

そのまま、全員でOleo。あの、循環モノも私、苦手です。というか、未だに譜面にかじりついて弾くって感じ。このあたり、モロに練習不足、ジャズの基本言語の勉強不足を露呈してしまう。トロンボーン3人、ピアノ、ベース、ドラムスというソロを2回ほど繰り返した後のトロンボーンの後にマスターに指さされてソロを弾く。ひとまずいつも通り譜面に忠実なだけのダメな感じなソロをやってしまいましたね。はい、ダメですね。

自己嫌悪を感じつつ、他のプレイヤーさん達と会話したりfacebook友達になったり。知人ゼロの完全なアウェーだが、やはり楽しい。

セッションの東京デビューは自分としてはトホホなものとなったが、「気づき」も多かった。課題をメモしておいて、早速練習する!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です