Jim Hall Signature Licks

大津ジャズフェスティバルでの出演も決まり、練習にも気合が入る今日この頃。ベース+ギターというシンプルな編成だけに、やはり緊張感はただならぬものがある。

Jim Hall - Guitar Signature Licks

やっぱり自分はJim Hall & Ron Carterの名盤”Alone Together”が好きで、このところずっと聴いているのだが、このTranscribe本にはその中の2曲が含まれている。これで、Jim Hallの華麗なヴォイシングをコピれるので便利。残念ながら自分で採譜すると、えらく時間がかかるので、この本でカンニングしている次第。

しかしねぇ、タイム感というか、ノリというかセンスというか、をコピーするのが一番難しいな。当たり前の話ではあるが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です