Stafford Hunter Japan Tour @京都祇園

トロンボーンのStafford Hunterの日本ツアー 。2019年4月27日(土)、京都祇園のBaja Bluetにて。

Baja Bluetはよく聞く店だったが、行くのは初めて。京都祇園、白川の観光スポット巽橋のすぐ近く。地下一階の店内はとても落ち着いた居心地の良い場所だ。後方の席に着く。

知っている人がちらほら。後から入ってくるお客さんも、知っている人がちらほら。いつの間にか満席になった。19:30を過ぎて、開演。いきなり絶好調な感じ。高橋さんのピアノがものすごく良い。Hunter氏のソロをサポートし、フィットしつつ、徹底的に攻める。Hunter氏が前回、今回と高橋さんを指名するのもうなずける。このピアノでクインテットがグルーヴを生み出しているのがよくわかる。

Hunter氏はトロンボーンの他に、法螺貝も吹くし、歌も歌う。トロンボーンは流石の力強い音色で朗々と歌うし、法螺貝もこんなにパワーがあって安定した楽器だとは知らなかったしで驚いた。

「竹田の子守歌」や「さくら」といった日本の曲や”Take The “A” Train”などのスタンダード、自身のオリジナルも交えた楽しいステージ。このサイズの会場でこのパワフルなクインテットを聴けるっていうのは何とも贅沢。素晴らしかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です