THE OSSAN BAND “ONE”

天野丘(gt)をリーダーとする”THE OSSAN BAND”のアルバム”ONE”。先日、天野氏が小島のり子(fl)トリオで関西に来られた際に入手し、サインもしてもらった。

どういうアルバムかというと、文字通りOSSANなジャズミュージシャン4人がロックをするというもの。ロックやポップスの名曲およびオリジナル曲がこの凄腕ジャズメンによって料理されるというユニークな盤。

メンバは次の通り。

天野丘(gt)
宮地スグル(el.sax, ts, fl, programming)
谷源昌(ba)
藤井学(ds)

曲は上述の通り、知られた名曲とオリジナルなのだが、この4人ならではの興味深いアプローチが聴ける。録音にあたってのメンバの仕込みについては松永誠一郎氏によるライナーノートに詳しいが、特にサックス宮地氏のアプローチが興味深い。勝手にここに書くわけにはいかないのでその内容は述べられないが、マイルスがエレクトリック時代にとったアプローチと共通するものがあると思う。

ギター弾きとしては、当然、天野氏のアプローチも面白い。ジャズをルーツとする天野氏がロックな音楽を演奏するにあたってどのような対策がとられたのか、など色々とライナーノートに記載されている。実際、奏でられている音楽は普段の天野氏のトーンとは全く異なるものに聞こえるが、しかし根本はおそらく同じ天野氏の音楽だ。私が好きな、不思議系の空間的な広がりを持ったジャズの香りが、このアルバムにおける氏の音楽でも展開されていると感じる。

ジャズミュージシャンによる他ジャンル曲、特にハードロックへのアプローチって珍しくはない。そういえば、ZEK TRIOのニューアルバムもリリースされたことだし、聴かねば。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です