注意しつつセッション、一部大失敗

注意しつつセッション。少し汗ばむほどの良い天気。久しぶりに行く店で、駅のどの出口から行くのか完全に忘れており、ちと焦った。セッションホストは外山浩之(pf)、野々口毅(ba)。

最近はセッション途中に入場することが多かったけど、今回は最初から参加。といってもギリギリに到着し、楽器を取り出したりしているうちに、1曲目から声がかかる。ありがたやー。で慌ててシールドやらストラップやらを持ってバタバタとステージへ。

最終的に、参加者はVo1、Sax4、Pf/Ba1、Ba1、Dr2、Gt1かな。新型コロナ対策として参加者数が絞られていたり、換気タイムも多く設けられている。ベランダ近くの席だったので換気の際に扉を開けたり閉めたりしたが、天気が良くて、外の空気もなかなか気持ちイイ。

ギターが1人だけだったので、多めに弾かせていただけた。ありがとうございます!暗譜している曲が多かったし、良い練習にもなった。アンプのセッティングを含め、サウンドの調整も自分としては良い感じだった(音量はどうなんだろうか。いつも客観的に聴けないからわからんのだが)。

しかし1曲は大失敗した。渡辺貞夫のMorning Island。バンド全体が崩れてしまった形となったが、おそらく原因は私だ。スンマセン。ほんまにスンマセン。こういう曲も、練習しておくべきだな。

いつも通り、反省も多いが、まぁ最近参加したセッションの中では良い感じのデキであったか。さらに修行し、また参加する!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です