空気を読んではいけない

青木真也の「空気を読んではいけない」を読んだ。以前から読もうと思っていた本だが、今頃にしてようやく手にした。同じようなことを述べている本は少なくないと思うが、ズバリなタイトルがわかりやすくて、いい。

内容は、タイトル通り。一貫して、空気を読んではいけないという自身の考え方について述べている。空気を読まない人であることは何となく感じていたが、ここまで徹底していたとは。

会社員として生きている私としては、「他人が言うことを真面目に聞いてはいけない」と思ってやってきたし、空気を読めない人間だと自覚しているが、これほど積極的に読まない生き方を貫くかというとなかなか難しい。しかし、凡人だからこそ空気なんて読んでいたら自分まで空気になってしまうという考えには激しく共感。

自分の人生を振り返ってみたら、知らず知らずのうちに、空気を読もうとして無駄な時間を使ってしまっているのかもしれない。じゃあ、これからの人生後半戦、どうすればいいのか。難しい。難しいから、考えるのをやめて、テキトーにやっとこう。それが一番、自分らしい。落としどころ、そこ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です