竹田一彦&菅野義孝ライブ@マイルストーン

7月17日、滋賀県大津市のマイルストーンでの、竹田一彦&菅野義孝ライブ。関西の重鎮・竹田氏と関東で活躍中の俊英・菅野氏、実は私は両氏の門下生であり、感慨深いライブとなった。

19時の開演までには、小規模な店にぎっしり並べられた椅子が一杯になる盛況。昨秋に始まったこのデュオの人気がよくわかる。

さて、ライブは終始和やかなムードで進んだ。1曲目のIt could happen to you以外は全く曲を決めずにスタートし、その場で「次、何しよ?」と決めてゆくスタイル。ジャズらしいハプニングあり、笑いありで楽しい。

竹田先生は、一音一音に集中力と魂が込められた素晴らしい演奏。ゴツゴツとした重みのある音、それでいて限りなく美しいレガート。ギターという楽器は、こうやって弾くのか!とあらためて学んでしまった。菅野先生は、これまた気持ち良くスイングするギター。自慢のアンプで、ジャズらしい気持ち良いサウンドを聴かせた。
写真は、2ndステージ前にコード進行を知らない曲のリクエストをもらって、竹田氏に指導を受けている菅野氏。

打ち上げにも参加させていただいたが、竹田先生の、米国の巨匠達との共演の話など、貴重な話を一同で聴かせていただくことができた。我々がレコードや本でしか接する機会のないジャズジャイアンツと、現場で接してきた話であり、鳥肌ものであった。本人は「長く生きてきただけや」とさらっと言われるのだが。

とにかく、素晴らしく貴重な体験をしてしまった一日であった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です