布川俊樹・山口友生デュオ@P’s Bar

東京に行く機会があったので、池袋のP’s Barのライブに行ってきた。2012/04/26、布川俊樹&山口友生ギターデュオ。布川氏は、10年以上前から教則本や教則DVDでお世話になってきたしウルトラマンジャズなどのCDも聴いてきたので、ずっとライブに行ってみたいと思っていた。山口氏は、ナイロン弦クラシックギターを指弾きするユニークなスタイルのジャズギタリストで、私自身がクラシックギターを経験してからジャズに入ったので以前から興味があったのだった。

仕事が長引き、前半には間に合わず、後半の開始前に地図を見ながらP’s Barに到着。地下1階の店で、中を覗いてみたら思ったよりもこじんまりとしたサイズで既にお客さんで一杯の様子、躊躇してたらすかさず女性店員が笑顔で扉を開けて「どうぞ!」って言ってくれたので、「いいですか」とか言いながら店内へ。

客が10人ほど入ればいっぱいになってしまいそうな店内。壁際のテーブルにどうぞ、と言われて座ったが、ステージまで1メートル足らず。こんな密度の高い空間で巨匠二人のデュオが聴けるとは、なんと贅沢な。

ソニーロリンズは今もすごいよねぇとか会話されていたお二人、時間になって演奏開始。聴けなかった前半はスタンダード中心だったようで、この後半ステージはオリジナルでスタート。クラシックギターとフルアコースティックギターという、ハードウェアとしては大きく異なるギターだが、一つの音楽をつくると見事に融け合うんだな。布川氏の演奏は、絶妙にコントロールされた音色でレガートに流れる。山口氏の演奏は、ナイロン弦ならではのあたたかい音色で、しかし決してボサノヴァ的なサウンドだけではなくストレートなスタンダードも極めて心地よい。途中、「あれっ、譜面がない!」(布川氏)とか、「ゲーデルは神の存在も証明しちゃったんだよねぇ」(山口氏)とか、MCもはさみつつ、トニーニョ・オルタで締めくくり、アンコールはブルース。

ステージ終了後、お二人のCDを購入し、サインもいただいた。また、持参していた布川氏の旧版「ジャズギターの金字塔」にもサインいただいた。焼そばを美味そうに食べる布川氏が印象的。

会計を済ませて帰ろうと思ってたら、陽気なマスターや他のお客さんと一緒に会話が弾みだして、布川氏や山口氏も交えて盛り上がってしまった。「関西に行ったら、『スーパー玉出』ってあったんだよ、パチンコ屋じゃなくてスーパーなんだよ」「出張いつまでですか、え、明日?じゃあ、もう一泊延長して、僕のジャムセッションにどうぞ(笑)」(布川氏)「無理強いはよくないから、多数決にしましょう。セッションに行くべきだと思う人ぉー」(マスター)「はーい」(一同)と、なんかいじられまくったが、とても楽しい店だ。巨匠お二人とこんな近距離で話したり、濃密な時間を過ごすことができた。また行こう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です